緑のある空間・小鳥

四葉のクローバーのアイコン 緑のある空間

四季を楽しめるお庭づくりや、ガーデニングにおすすめの花、お庭づくりのアドバイスをご紹介しています。

 

区切り線

 

 

矢印 庭木・街路樹・公園樹の台風対策

強風・豪雨・台風の被害、倒木の復旧作業
庭木・街路樹・公園樹の台風対策

 

矢印 コケやカビ・コンクリート塀の黒ずみや汚れ

苔(コケ)落とし 「高圧洗浄」と「バイオ洗浄」
コケやカビ・コンクリート塀の黒ずみや汚れ

 

矢印 芝生の手入れ・植木との境い目

芝生と植栽帯の境界・芝生のエッジング
芝生の手入れ・植木との境い目

 

矢印 庭の手入れ

空き家の庭管理、空き地の手入れ
空き家の庭管理・庭手入れ

 

矢印 和が映える庭木・台杉の植栽・手入れ

台杉がある庭(植栽・剪定)
台杉の植栽・手入れ

 

矢印 生垣の設置(垣根・生け垣)・手入れ

サザンカの生垣(植栽・剪定)
サザンカの生垣の設置(垣根・生け垣)・手入れ

 

矢印 庭・駐車場の水たまり

地面が凹・水はけの悪い駐車場
地面が凹・水はけの悪い駐車場

 

矢印 お庭造り・ガーデニング

枕木を使ったエクステリア(外構)
枕木を使ったエクステリア(外構)

 

矢印 庭木の手入れ・剪定

サルスベリ(百日紅)の剪定 『2度切り』
サルスベリ(百日紅)の剪定 2度切り

 

矢印 姫りんごの害虫・カイガラムシ

姫りんごの枝にぎっしり付いた丸い虫!?
姫りんごの枝にぎっしり付いた丸い虫!?

 

矢印 バラの手入れ・花後

バラの花がら摘み(花がら切り、咲がら切り)
バラの花がら摘み

 

矢印 バラの手入れ・病気

バラの枝にできたこぶ 癌腫(がんしゅ)?
バラの枝にできたこぶ

 

矢印 庭の手入れ・夏は雑草の再成長期!

雑草の対処・草刈り・草取り・防草対策
雑草の対処・草刈り

 

矢印 家のシンボル・記念樹・植樹式

シンボルツリーの植栽・庭に植える場所と植物の種類
シンボルツリーの植栽

 

矢印 お庭造り・庭のリフォーム

坪庭の設置工事・坪庭作庭
坪庭の設置工事

 

矢印お庭造り・日本庭園や神社・茶庭に置かれている石

関守石(止め石)
関守石(止め石)

 

矢印 松の手入れ・芽摘み・剪定

松の手入れ・春の「芽摘み(みどり摘み)」
松の手入れ・芽摘み

 

矢印 松の手入れ・コモ巻き・剪定

松の手入れ・冬の「コモ巻き」
松の手入れ・コモ巻き

 

矢印 松の手入れ・揉み上げ・剪定

松の剪定・冬の「揉み上げ」
松の手入れ・揉み上げ

 

矢印 バラの手入れ・病気

バラの黒星病・黒点病・うどん粉病
バラの手入れ・病気

 

矢印 庭の手入れ・冬の寒肥作業

庭木の肥料やり・寒肥(かんごえ)
庭の手入れ・冬の寒肥作業

 

矢印 バラの手入れ・誘引・冬季剪定

つるバラの剪定と誘引
バラの手入れ・誘引

 

矢印 和の庭づくり・鹿威し・手水鉢

手水鉢(ちょうずばち)の設置
和の庭づくり・鹿威し・手水鉢

 

矢印 庭のリフォーム・外周との仕切り

ラティス・ウッドフェンスの設置
外周との仕切・フェンスの設置

 

矢印 バラの手入れ・夏剪定

icon_02.gif(526 byte) バラの植栽管理、夏の剪定
バラの手入れ・夏剪定

 

矢印 庭の手入れ・剪定の基本

icon_02.gif(526 byte) 樹木の性質・剪定・仕立て方
庭の手入れ・剪定

 

矢印 庭工事・雑草対策

icon_02.gif(526 byte) 防草シート(雑草・草引き対策)
防草シートの設置

 

矢印 玄関アプローチの洗浄・苔の除去

icon_02.gif(526 byte) 外構タイルのコーティング
外構タイルのコーティング・洗浄作業

 

矢印 松の手入れ・被害にあった松林

icon_02.gif(526 byte) 松くい虫被害、伐採した赤松
松の手入れ・松の伐採

 

矢印 お庭造り・和の空間

icon_02.gif(526 byte) 和風の中庭・坪庭の作庭
和風の中庭・坪庭の作庭

 

矢印 庭の管理・台風対策・害虫予防

icon_02.gif(526 byte) 庭木の手入れ・剪定
庭の管理・台風対策・害虫予防

 

矢印 芝生がある庭・芝生の種類

icon_02.gif(526 byte) 芝生の植栽工事・手入れ
芝生がある庭・植栽工事

 

 

区切り線

 

トップページ > 季節の花・ガーデニングを楽しむ

 

ガーデニングを楽しむ

 

 1月 氷の花 「シモバシラ」(霜柱)氷柱

 

シモバシラ・山崎造園(宍粟市)

 

茎の根元に氷の花(結晶)ができるシモバシラという植物があります。

 

シモバシラ・氷の花(氷柱、結晶)

シモバシラ(霜柱)
自然がつくりだす氷柱

シモバシラはシソ科の多年草で、秋に白い花を咲かせ、冬になると枯れた茎の根元にとても細かい 「絹糸」を巻き付けたような神秘的な氷の花(結晶)氷柱(つらら)を作り出します。

 

(写真:気温が氷点下の早朝、 シモバシラの根元に現れた「氷の結晶」氷柱)

 

枯れ茎の部分に付く”霜柱”(氷柱)を花に見立て「氷の花」と呼ばれます。

 

同じ形がふたつとなく、下が膨らんだり横に広がったり、大きさも様々で小さいものは数ミリ、大きいものだと20cm~25㎝になることもあります。

 

 

シモバシラの花・雪寄草(ユキヨセソウ)

ふたつとして同じ形がない
氷の花(氷柱)

霜柱ができる現象:

枯れた茎に霜柱(氷柱)ができるのは、茎は枯れているように見えても根は土中の水分を吸い上げていて、 外気温が氷点下になると茎の中(道管内)の水分が凍り茎を突き破って外へ飛び出します。寒さが増すごとに氷層が重なり、 茎を覆うように根元に氷柱ができるという、寒いこの時期にしか見られない現象です。

 

急激に冷え込んだ朝に観賞でき、日が当たると溶けてしまいます。


茎にできる霜柱現象は冷え込む度にできますが、一度氷柱ができると茎の構造が壊れるため、水の吸い上げができなくなり・・・、やがて枯れていきます。そのため、その茎に氷の花が見られるのは1回程度といわれています。

 

 

「シモバシラ」の名前・由来・別名

枯れ枝(茎)に、霜柱(シモバシラ)が付くことから、この植物に「シモバシラ」という名が付いています。秋にシモバシラの花が咲いている所は、冬に必ず霜柱が見られるそうです。

シモバシラは別名、ユキヨセソウ(雪寄草)ともいいます。

 

枯れ枝(茎)に霜柱シモバシラ

 

霜柱(シモバシラ、氷の花)が付いた、「シモバシラ」の茎。
よーく見てみると、シモバシラの茎は、断面が四角形をしているのが分かります。

 

 

シモバシラの花

冬に氷の花を付け、秋に白い房状の花を咲かせる シモバシラ(霜柱)

シモバシラの花期は秋9~10月で、白色で小さな花が多数集まって咲きます。
花は花茎の一方に(片側だけに)付きます。

(写真:シモバシラの花)
シモバシラの花は、雄しべが(4本のうち2本が長く)花冠の外につき出した花姿をしています。

草丈は40~80cm程に成長し、大きいものでは1mにも成長することがあります。

 

シモバシラの群生 シモバシラは、耐寒・耐暑性があり、日当たりの良い所を好みますが木陰(半日陰程度)でも耐えられます。 病虫害にも強いです。

 

秋には白い花が咲き、冬は「氷の花」(結晶)を観賞できることから “一年に二度咲く花”としても知られています。

 

 

氷柱ができる植物

シモバシラは、日本の林などに自生している山の植物で、雪の降る山道や登山口、野山・林の中、 低山の森林などで見られます。特に渓流周辺に群生をつくることもあります。

 

茎の部分に氷が付く植物は、シモバシラが有名ですが、他の直物にも見られます。

 

シモバシラの花(写真:ヒキオコシの氷柱です。ヒキオコシは雑木林などに自生している山の植物です。)

 


植物園の方のお話しによると、氷柱ができる代表的な植物は、シモバシラ・ヒキオコシ・アキチョウジ・ヤマハッカ・キバナなど、寒い地域では園芸品種のサルビアにも氷柱を見ることができるそうです。

 

 

 

山崎造園山崎造園では、荒地や畑の改良、緑のある景観づくりなど、遊休農地や森林を活用した植栽、「環境にやさしい取り組み」活動にも積極的に参加しています。
庭木・垣根の剪定(手入れ)から、坪庭や和風庭園の造園、憩いの広場の造成、店舗の庭づくり、芝張りや刈込・薬剤散布など、季節に応じた年間管理も承っております。 お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

1月 宍粟市周辺の見どころ


宍粟市は兵庫県中西部に位置し、地域の人々により守り育てられている“豊かな自然”や、四季折々の花が咲き誇る“花の名所”が各地にあります。
宍粟市周辺のおすすめ観賞スポットにも是非訪れてください。

 

自然の植物を見に行こう!登山道付近宍粟市には登山コースがいくつもあり、冬にも登山者の方が多くなりました。

自生する鑑賞価値ある草木も沢山あり、野生種を見に来られる方も多く「シモバシラ見れないかね?」と聞かれるのですが、宍粟市付近でシモバシラの群生はまだ見つかってなく、山崎町の上の方の登山道付近で早朝にチラホラ(とても小さいものですが;)見ることができるそうです。
幻の氷の花とも呼ばれる「シモバシラ(霜柱)」の群生を、宍粟市付近でも見つけて行きたいと思います。

 

 

 

シモバシラ(神戸市立森林植物園)

氷の花を咲かせる“シモバシラ”を探しに行こう!
神戸市立森林植物園

神戸市立森林植物園は、兵庫県神戸市の六甲山上にある総面積142.6haという広大な樹木植物園です。


シモバシラは展示館前にある滝池前の植え込みで寒い朝に見ることができるそうです。

 

  ・ 場所 : 兵庫県神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2
  ・ 詳しくは→シソ科の仲間 シモバシラに“霜柱”が現れる!
   (神戸市立森林植物園のホームページ)

 

 

 

 

 
   

矢印 11月・落葉低木

黄色く黄葉するクロモジ

 

矢印 9月・庭園樹 槙の庭木・生垣

マキの木(イヌマキ/ラカンマキ)

 

矢印 6月・白い花が咲く和風の庭

夏椿(ナツツバキ)・沙羅の木(シャラノキ)
・ヒメシャラの違い

矢印 9月・葉は花を見ず、花は葉を見ず

彼岸花(曼珠沙華・ヒガンバナ)

矢印 12月・冬の花壇

ハボタン(葉牡丹)

矢印 8月・秋の花壇

韮(ニラ)の花・ハナニラ

矢印 9月・庭の手入れ

芝生・庭に生える キノコ(毒キノコ)

矢印 7月・夏の花壇

ミニひまわりの花壇・栽培

矢印 8月・甘くやさしい香りの樹木

三大香木の金木犀(キンモクセイ)

矢印 6月・梅雨~初夏の花

ヤマボウシ(山法師)

矢印 5月・庭の手入れ・雑草対策

どくだみが大量に繁殖?!

矢印 5月・春の花壇

ムスカリ(ムスカリー)

矢印 4月・散房花序に咲く花・多年草と一年草イベリスの違い

宿根イベリス
(トキワマガリバナ/キャンディタフト)

矢印 4月・剪定・枝の処理

サクラ(桜)の木

矢印 1月・早春を告げる花木

梅の木(花ウメ)・サクランボの花

矢印 3月・冬から春の花壇

パンジー、ビオラ

矢印 12月・サザンカとツバキの違い

サザンカ(山茶花)の花

矢印 2月・ロウバイの植樹・花の見分け方

香りの花木・蝋梅(ロウバイ)

矢印 10月・紫色の実が付く植物

ムラサキシキブ(紫式部)
コムラサキ(小紫)

矢印 1月・長寿・幸福を祝う花

福寿草(ふくじゅそう)

矢印 8月・サルスベリの花を再び咲かせる『2度切り』

サルスベリ(百日紅)の剪定

矢印 12月・冬の花壇・ミニシクラメン

ガーデンシクラメン

矢印 7月・樹皮がすべすべの樹木

サルスベリ(百日紅)の花

矢印 11月・生垣・庭木の植栽

ヒイラギ(柊)

矢印 5月・花と実を楽しむ

姫りんご(姫林檎)の木

矢印 10月・紅葉を楽しむ

イチョウの木(銀杏の実)

矢印 2月・和が映える庭木

ツバキ(椿)

矢印 9月・秋の花壇

アメジストセージ(サルビア)

矢印 1月・香りを楽しむ

ハーブの植栽 ローズマリー

矢印 8月・夏の花壇

マリーゴールド

矢印 12月・赤い実の縁起木

赤い実の千両,万両,百両,十両,一両

矢印 7月・果樹を育てる

ブルーベリー(Blueberry)

矢印 11月・生垣の紅葉

ドウダンツツジ(灯台躑躅)

矢印 6月・雨の中を彩る花

紫陽花(あじさい)

矢印 9月・秋の風物詩

巨大なススキ?パンパスグラス

矢印 5月・梅雨に咲く花

菖蒲(アヤメ)

矢印 8月・秋の七草

桔梗(キキョウ)

矢印 4月・藤棚(パーゴラ)の設置・補修

フジの花・剪定・花後

矢印 7月・タカサゴユリ・シンテッポウユリの見分け方

テッポウユリ(鉄砲百合)

矢印 3月・春の風物詩

菜の花(アブラナ)

矢印 6月・色が変わる花

ランタナ(七変化)

矢印 2月・下向きに咲く花

スノードロップとスノーフレーク

矢印 5月・和風も洋風にも映える花

カサバルピナス(傘葉ルピナス)

矢印 1月・門松のご注文・配達・引き取り

迎春(門松・お正月飾り)

矢印 4月・雑草対策にもなる植物

シバザクラ(芝桜)

矢印 12月・冬の庭に咲く白い花

プリムラ・シネンシス(雪桜)

矢印 2月・春を告げる花

希少植物・セツブンソウ(節分草)

矢印 11月・紅葉を楽しむ

モミジ(紅葉・もみじ)

矢印 1月・氷柱ができる植物

氷の花・シモバシラ(霜柱)

矢印 10月・秋の風物詩

ススキ(芒・薄)・オギ(荻)

矢印 12月・官兵衛飛躍の地・宍粟市

メグスリノキ(目薬の木)

矢印 9月・秋の花壇

地植えのコスモス・手入れ

矢印 11月・銀青色を帯びた葉色・クリスマスツリーの木

銀青色の針葉樹・プンゲンストウヒ
(コロラドトウヒ )・グロボーサ

矢印 8月・ヒマワリの役目・緑肥植物

ひまわり畑はなぜ?

矢印 10月・花のある暮らし

秋色あじさい

矢印 7月・香りを楽しむ庭

ミントの栽培・お困り事