緑のある空間・小鳥

四葉のクローバーのアイコン 緑のある空間

四季を楽しめるお庭づくりや、ガーデニングにおすすめの花、お庭づくりのアドバイスをご紹介しています。

 

区切り線

 

 

矢印 庭木・街路樹・公園樹の台風対策

強風・豪雨・台風の被害、倒木の復旧作業
庭木・街路樹・公園樹の台風対策

 

矢印 コケやカビ・コンクリート塀の黒ずみや汚れ

苔(コケ)落とし 「高圧洗浄」と「バイオ洗浄」
コケやカビ・コンクリート塀の黒ずみや汚れ

 

矢印 芝生の手入れ・植木との境い目

芝生と植栽帯の境界・芝生のエッジング
芝生の手入れ・植木との境い目

 

矢印 庭の手入れ

空き家の庭管理、空き地の手入れ
空き家の庭管理・庭手入れ

 

矢印 和が映える庭木・台杉の植栽・手入れ

台杉がある庭(植栽・剪定)
台杉の植栽・手入れ

 

矢印 生垣の設置(垣根・生け垣)・手入れ

サザンカの生垣(植栽・剪定)
サザンカの生垣の設置(垣根・生け垣)・手入れ

 

矢印 庭・駐車場の水たまり

地面が凹・水はけの悪い駐車場
地面が凹・水はけの悪い駐車場

 

矢印 お庭造り・ガーデニング

枕木を使ったエクステリア(外構)
枕木を使ったエクステリア(外構)

 

矢印 庭木の手入れ・剪定

サルスベリ(百日紅)の剪定 『2度切り』
サルスベリ(百日紅)の剪定 2度切り

 

矢印 姫りんごの害虫・カイガラムシ

姫りんごの枝にぎっしり付いた丸い虫!?
姫りんごの枝にぎっしり付いた丸い虫!?

 

矢印 バラの手入れ・花後

バラの花がら摘み(花がら切り、咲がら切り)
バラの花がら摘み

 

矢印 バラの手入れ・病気

バラの枝にできたこぶ 癌腫(がんしゅ)?
バラの枝にできたこぶ

 

矢印 庭の手入れ・夏は雑草の再成長期!

雑草の対処・草刈り・草取り・防草対策
雑草の対処・草刈り

 

矢印 家のシンボル・記念樹・植樹式

シンボルツリーの植栽・庭に植える場所と植物の種類
シンボルツリーの植栽

 

矢印 お庭造り・庭のリフォーム

坪庭の設置工事・坪庭作庭
坪庭の設置工事

 

矢印お庭造り・日本庭園や神社・茶庭に置かれている石

関守石(止め石)
関守石(止め石)

 

矢印 松の手入れ・芽摘み・剪定

松の手入れ・春の「芽摘み(みどり摘み)」
松の手入れ・芽摘み

 

矢印 松の手入れ・コモ巻き・剪定

松の手入れ・冬の「コモ巻き」
松の手入れ・コモ巻き

 

矢印 松の手入れ・揉み上げ・剪定

松の剪定・冬の「揉み上げ」
松の手入れ・揉み上げ

 

矢印 バラの手入れ・病気

バラの黒星病・黒点病・うどん粉病
バラの手入れ・病気

 

矢印 庭の手入れ・冬の寒肥作業

庭木の肥料やり・寒肥(かんごえ)
庭の手入れ・冬の寒肥作業

 

矢印 バラの手入れ・誘引・冬季剪定

つるバラの剪定と誘引
バラの手入れ・誘引

 

矢印 和の庭づくり・鹿威し・手水鉢

手水鉢(ちょうずばち)の設置
和の庭づくり・鹿威し・手水鉢

 

矢印 庭のリフォーム・外周との仕切り

ラティス・ウッドフェンスの設置
外周との仕切・フェンスの設置

 

矢印 バラの手入れ・夏剪定

icon_02.gif(526 byte) バラの植栽管理、夏の剪定
バラの手入れ・夏剪定

 

矢印 庭の手入れ・剪定の基本

icon_02.gif(526 byte) 樹木の性質・剪定・仕立て方
庭の手入れ・剪定

 

矢印 庭工事・雑草対策

icon_02.gif(526 byte) 防草シート(雑草・草引き対策)
防草シートの設置

 

矢印 玄関アプローチの洗浄・苔の除去

icon_02.gif(526 byte) 外構タイルのコーティング
外構タイルのコーティング・洗浄作業

 

矢印 松の手入れ・被害にあった松林

icon_02.gif(526 byte) 松くい虫被害、伐採した赤松
松の手入れ・松の伐採

 

矢印 お庭造り・和の空間

icon_02.gif(526 byte) 和風の中庭・坪庭の作庭
和風の中庭・坪庭の作庭

 

矢印 庭の管理・台風対策・害虫予防

icon_02.gif(526 byte) 庭木の手入れ・剪定
庭の管理・台風対策・害虫予防

 

矢印 芝生がある庭・芝生の種類

icon_02.gif(526 byte) 芝生の植栽工事・手入れ
芝生がある庭・植栽工事

 

 

区切り線

 

トップページ > 季節の花・ガーデニングを楽しむ

 

ガーデニングを楽しむ

 2月 春を告げる花・希少植物「セツブンソウ(節分草)」

 

節分草の植栽(山崎造園・兵庫県宍粟市)

2月~3月に咲くキンポウゲ科の「セツブンソウ」です。 雪の上で楚々(そそ)と咲いてる可憐 (かれん) で美しいその姿に感動します!

 

セツブンソウ(節分草)は絶滅のおそれのある「希少植物」です。

植物を守ろう!

セツブンソウ(節分草)は、放置しておくと絶滅危惧(ぜつめつきぐ)される植物として 環境省の「レッドリストの準絶滅危惧 (NT)」に登録されています。

 

セツブンソウの植栽・手入れ

セツブンソウが群生で発見された地域では、保全のため管理するなど自然環境を守っています。

 

※準絶滅危惧 (NT) は、
現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある指定の種のことです。
多くの植物が絶滅の危機にさらされています。

 

【関連記事】

絶滅の危険性の高さによって分類したカテゴリー項目

環境省 植物I(維管束植物)準絶滅危惧(NT)の公表
環境省では、レッドリストについて広く普及を図ることで、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保全 へ理解を深めています。
(レッドリストはおおむね5年ごとに見直しされています)

 

 

 

セツブンソウ(節分草)の花はとても小さいです。

セツブンソウ(節分草)の花

セツブンソウ(節分草)の花は、高さは2cm~15cmぐらいです。

 

茎(くき)の先に1輪の花がつきます。

 

探しに行っても群生とかしてないと見過ごしてしまいそうなくらい小さい花です。

 

 

 

 

 

セツブンソウ(節分草)はどんな所に咲いているの?

自生種のセツブンソウ(節分草)の花は、雑木林や山野の落葉樹林下などで多く見られます。

 

 

 

セツブンソウ(節分草)が咲く時期は早春です。

セツブンソウの自生種

セツブンソウ(節分草)の開花時期は、2月~3月です。早春に咲く花の中でも、いち早く春を告げる花として知られています。


自生種

自生種の開花は、節分より少し遅く3月上旬頃が見頃です。

 

園芸種

栽培品種は、2月~3月にかけて咲きます。

 

 

 

セツブンソウ(節分草)は、球根植物です。

セツブンソウ(節分草)の群生

セツブンソウ(節分草)は小球根植物です。

群落を形成し一面に花を咲かせます。

 

(※ 球根の分球は、ほとんど見られません。) 球根が大きくなっていきます。

 

 

セツブンソウ(節分草)は、花よりも先に葉が付きます。

セツブンソウ(節分草)は、雪がまだある1月の下旬頃から芽を出します。

花よりも先に葉が開き、透明感のある白い姿をあらわします。春の訪れを告げる花として知られています。

 

セツブンソウ(節分草)は花よりも先に葉が付きます。

 

 

 

セツブンソウ(節分草)の花後

セツブンソウ(節分草)の群生

セツブンソウ(節分草)の花は、冬の終わりから春に咲きます。

初夏には地上部(茎と葉)が枯れ、地下の球根が休眠に入ります。

 

 

 

セツブンソウ(節分草)と似ている花「バイカオウレン」

セツブンソウとバイカオウレン似ている植物

花姿がセツブンソウ(節分草)と非常に似ておりよく間違えられます。

 

バイカオウレン
花茎に葉(苞葉)が付いていないのは「バイカオウレン」(梅花黄蓮)です。

 

セツブンソウ

花茎(花の下部)に葉が付いているのが「セツブンソウ」(節分草)です。

 

 

 

セツブンソウ(節分草)の名前の由来

セツブンソウの自生種

セツブンソウ(節分草)は、節分の頃に咲くことからその名が付けられています。

 

 

節分の日

節分の日の風習(ヒイラギといわし)

2月3日は節分の日です。

春の分かれ目(寒い冬はもう終わり、春はもうすぐそこ!)にあたる「立春」の前日が節分です。

 

古くは立春(春が始まる日)を1年の始まり(正月)とし、 前日の『節分の日』は大晦日と同じようにとらえていたそうです。

 

節分に厄除け

(写真:ヒイラギ(柊)とイワシの頭)
節分に 厄除けとして玄関に飾る風習です。現代は見る機会が少なくなりました。

 

節分の日の風習(お寿司)

節分にのり巻き

節分の夜は、のり巻きを「丸かぶり」をする風習は今でも残っています。

地域によっては、「巻く」ということから「福を巻き込む」とされ、願いことをしたり、「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」という意味があるそうです。のり巻きを食べた後は、縁起をかつぎ、その年は幸運がめぐってくると言い伝えられ、一年間の厄払いのために豆まきを行います。

 

(※関東地方では“のり巻”といわれますが、関西地方では“巻ずし”とも呼ばれていて、「丸かぶり」は、関西弁で “ 丸かじり ” のことです。)

 

 

 

赤穂市・ 萼(がく)が7枚あるめずらしいセツブンソウ(節分草)

セツブンソウ(節分草)の地域ニュース セツブンソウの花びらは、花の中心にある黄色い(花火のような)ところです。


花びらに見えるものは、実は萼(がく)です!
セツブンソウの愕(がく)は普通5枚ですが、赤穂で珍しい7枚の愕が発見されました!

 

宍粟郡一宮町(現宍粟市)にお住まいの知人の方から自生株を2株譲り受けて、自宅庭に移植したものだそうです。
  ・詳しくは → 花びら7枚のセツブンソウ 2014年03月

           (播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のホームページ)

 

 

 

岡山市・ 萼(がく)が6枚あるセツブンソウ(節分草)

花びらに見える萼片(がくへん)が6枚あるセツブンソウ(節分草) 花弁(かべん/はなびら)のように見える部分の萼片(がくへん)は、通常5枚ですが、6枚や7枚の花を見つけることができます。

撮影地:岡山市

 

 

 

丹波市のセツブンソウ(節分草)

節分草祭

江古花園(えごはなえん)
節分草まつり

丹波市で「節分草」の群生地が見られることでも有名です。
その昔、地元竹の内集落の数少ない自生地の数本の株から種子を移植したもので、 毎年1月下旬から開花し始めます。時には、雪の中から覗く節分草と雪のコラボを楽しめるとあって 愛好家も多く訪れています。

 

開花時期は、2月初旬~下旬です。春には節分草のお祭りも開催されます。

  ・詳しくは → 江古花園 節分草まつり

           (丹波市観光協会のホームページ)

 

 

宍粟市のセツブンソウ(節分草)
まだまだ群生とまでは・・・

宍粟市のセツブンソウ

宍粟市でセツブンソウの自生地として有名なのは波賀町の「ばんしゅう戸倉スノーパーク」周辺です。
d(´∀'`d)まだまだ群生とまではいかないですが、落ち葉の中に咲く「セツブンソウ(節分草)」を見ることができます。

 

他には、宍粟市一宮町倉床の県道6号線沿の道脇の川沿いにある5mくらいの小滝「白瀧不動の滝」周辺でも発見されています。

 

 

 

山崎造園山崎造園では、荒地や畑の改良、遊休農地・森林を活用した植物・樹木の植栽、造園土木工事、緑化景観づくり、公園や街路樹の植栽、庭木の剪定・手入れなど、庭工事全般を行っております。

お庭の手入れ、草刈り・芝刈り作業、害虫予防(薬剤散布)、季節に応じた肥料やり、庭の階段設置、外構・エクステリア工事、お庭のリフォームも承っております。

 

 

主要地域 :造園工事、お庭のリフォームも対応いたします!
兵庫県宍粟市内(一宮町、山崎町、千種町、波賀町)、姫路市、たつの市、揖保郡、佐用郡、神崎郡、朝来市、福崎町、他
高砂市、加古川市、太子町、相生市、赤穂市、加西市、小野市、加東市、三木市、西脇市、明石市、播磨町、稲美町、市川町、神戸市、他 近畿周辺 )

 

 

 

セツブンソウ(節分草)は、天然記念物にも指定されている希少な花です。近年は多くの植物が絶滅の危機にさらされ、各地で保護活動も行われています。

 

節分草の管理

 

 

 

2月-3月 宍粟市周辺の見どころ


宍粟市は兵庫県中西部に位置し、地域の人々により守り育てられている“豊かな自然”や、四季折々の花が咲き誇る“花の名所”が各地にあります。
宍粟市周辺のおすすめ観賞スポットにも是非訪れてください。

 

毎年2月3日

節分祭り

神戸市 『生田神社』
 「節分祭」

いくたじんじゃ

兵庫県神戸市の生田神社では毎年福豆を撒く節分祭豆撒神事(豆撒き)が行われます。

千人を超える参拝者で賑わう有名な「節分祭」です。

 

 

  ・場所:神戸市 中央区下山手通1-10

  ・節分祭:節分の日 毎年2月3日 (令和4年 豆撒き神事中止)

  ・詳しくは 生田神社 節分祭・豆撒き神事
    (生田神社ドのホームページ)

 

 

 

節分草を見に行こう「セツブンソウ」を見に行こう!
美作市・節分草の群生地

岡山県美作市(みまさかし)の『田殿神社』は、セツブンソウの群生が見られることでも有名です。
社殿正面へとのびる参道を挟んだ境内の両側にセツブンソウが開花します。

開花時期には、これを目当てに訪れる人々も少なくありません。(2月下旬が見頃です)

  ・ 場所 : 岡山県美作市田殿706 田殿神社
  ・ 詳しくは → 田殿のセツブンソウ群生地
   (岡山県美作市のホームページ)

 

 

 

 

 

 

 

 
   

矢印 11月・落葉低木

黄色く黄葉するクロモジ

 

矢印 9月・庭園樹 槙の庭木・生垣

マキの木(イヌマキ/ラカンマキ)

 

矢印 6月・白い花が咲く和風の庭

夏椿(ナツツバキ)・沙羅の木(シャラノキ)
・ヒメシャラの違い

矢印 9月・葉は花を見ず、花は葉を見ず

彼岸花(曼珠沙華・ヒガンバナ)

矢印 12月・冬の花壇

ハボタン(葉牡丹)

矢印 8月・秋の花壇

韮(ニラ)の花・ハナニラ

矢印 9月・庭の手入れ

芝生・庭に生える キノコ(毒キノコ)

矢印 7月・夏の花壇

ミニひまわりの花壇・栽培

矢印 8月・甘くやさしい香りの樹木

三大香木の金木犀(キンモクセイ)

矢印 6月・梅雨~初夏の花

ヤマボウシ(山法師)

矢印 5月・庭の手入れ・雑草対策

どくだみが大量に繁殖?!

矢印 5月・春の花壇

ムスカリ(ムスカリー)

矢印 4月・散房花序に咲く花・多年草と一年草イベリスの違い

宿根イベリス
(トキワマガリバナ/キャンディタフト)

矢印 4月・剪定・枝の処理

サクラ(桜)の木

矢印 1月・早春を告げる花木

梅の木(花ウメ)・サクランボの花

矢印 3月・冬から春の花壇

パンジー、ビオラ

矢印 12月・サザンカとツバキの違い

サザンカ(山茶花)の花

矢印 2月・ロウバイの植樹・花の見分け方

香りの花木・蝋梅(ロウバイ)

矢印 10月・紫色の実が付く植物

ムラサキシキブ(紫式部)
コムラサキ(小紫)

矢印 1月・長寿・幸福を祝う花

福寿草(ふくじゅそう)

矢印 8月・サルスベリの花を再び咲かせる『2度切り』

サルスベリ(百日紅)の剪定

矢印 12月・冬の花壇・ミニシクラメン

ガーデンシクラメン

矢印 7月・樹皮がすべすべの樹木

サルスベリ(百日紅)の花

矢印 11月・生垣・庭木の植栽

ヒイラギ(柊)

矢印 5月・花と実を楽しむ

姫りんご(姫林檎)の木

矢印 10月・紅葉を楽しむ

イチョウの木(銀杏の実)

矢印 2月・和が映える庭木

ツバキ(椿)

矢印 9月・秋の花壇

アメジストセージ(サルビア)

矢印 1月・香りを楽しむ

ハーブの植栽 ローズマリー

矢印 8月・夏の花壇

マリーゴールド

矢印 12月・赤い実の縁起木

赤い実の千両,万両,百両,十両,一両

矢印 7月・果樹を育てる

ブルーベリー(Blueberry)

矢印 11月・生垣の紅葉

ドウダンツツジ(灯台躑躅)

矢印 6月・雨の中を彩る花

紫陽花(あじさい)

矢印 9月・秋の風物詩

巨大なススキ?パンパスグラス

矢印 5月・梅雨に咲く花

菖蒲(アヤメ)

矢印 8月・秋の七草

桔梗(キキョウ)

矢印 4月・藤棚(パーゴラ)の設置・補修

フジの花・剪定・花後

矢印 7月・タカサゴユリ・シンテッポウユリの見分け方

テッポウユリ(鉄砲百合)

矢印 3月・春の風物詩

菜の花(アブラナ)

矢印 6月・色が変わる花

ランタナ(七変化)

矢印 2月・下向きに咲く花

スノードロップとスノーフレーク

矢印 5月・和風も洋風にも映える花

カサバルピナス(傘葉ルピナス)

矢印 1月・門松のご注文・配達・引き取り

迎春(門松・お正月飾り)

矢印 4月・雑草対策にもなる植物

シバザクラ(芝桜)

矢印 12月・冬の庭に咲く白い花

プリムラ・シネンシス(雪桜)

矢印 2月・春を告げる花

希少植物・セツブンソウ(節分草)

矢印 11月・紅葉を楽しむ

モミジ(紅葉・もみじ)

矢印 1月・氷柱ができる植物

氷の花・シモバシラ(霜柱)

矢印 10月・秋の風物詩

ススキ(芒・薄)・オギ(荻)

矢印 12月・官兵衛飛躍の地・宍粟市

メグスリノキ(目薬の木)

矢印 9月・秋の花壇

地植えのコスモス・手入れ

矢印 11月・銀青色を帯びた葉色・クリスマスツリーの木

銀青色の針葉樹・プンゲンストウヒ
(コロラドトウヒ )・グロボーサ

矢印 8月・ヒマワリの役目・緑肥植物

ひまわり畑はなぜ?

矢印 10月・花のある暮らし

秋色あじさい

矢印 7月・香りを楽しむ庭

ミントの栽培・お困り事